フクロウ雑学

小型フクロウほど飼育が難しい?小さいからといって飼いやすいわけではない

指乗りアカスズメフクロウ

犬だったら小型犬を飼育している人は多いし、飼いやすいイメージが定着しています。

しかし、フクロウでは事情が異なります。

フクロウは小さいからといって飼いやすいわけではありません。小さいからこそ飼育がより大変になることもあるのです。

小型種の方が飼育が難しい

指乗りアカスズメフクロウ

「小型種」のフクロウは飼育が難しいとされています。

小型というだけあって身体が小さく、体重管理が中型・大型よりシビアなのです。

体重1kg越えの大型種の5gと
体重200gにも満たない小型種の5g

同じ「5g」でも重みが異なります。

たった5g、されど5g です。

特に指乗りが出来る「アカスズメフクロウ」のような超小型種は飼育難易度はかなり高めです。少しの体重や体調の変化が命取りになります。

小型種のフライト訓練は不可能
飼い主が呼び寄せるフライト(渡り)の訓練は不可能です。体重を落とさないと訓練出来ないので、小型種には身体の負担が大きいです。

猛禽初心者は中型種が飼いやすい

メンフクロウ

小型種ほど体重がシビアではなく、大型種ほど重くもない中型種(メンフクロウなど)は猛禽初心者には比較的飼いやすい言われています。

ただ、フクロウを1度飼えばどんな種類でも10年以上の付き合いになるので「飼いやすさ」よりも最終的には「自分が好きな種類のフクロウ」を選んだ方が良いのではないかと考えます。

好きな種類のフクロウが比較的飼いやすい種類だったらラッキーでしょう。

スポンサーリンク

小さいフクロウは飼いやすいわけではない

フクロウに関しては、身体が小さいから飼育が簡単ではありません。身体が小さい分、体重や体調により気を遣わなくてはいけません。

犬では小型種はとても人気ですが、フクロウを犬と同じように考えてはいけません。

「飼いたい種類が小型種だった」なら良いのですが、「飼いやすそうな小型種にする」というフクロウの選び方は間違っているので絶対にやめましょう。

猛禽オーナーさんを見渡しても「超小型」のフクロウを飼育している人ってほとんどいないんですよ。

愛鳥:くるるのコメント

くるる
くるる
アフコノは小型の中では大きいよ!
LINEスタンプ配信中!
フクロウのくるるLINEスタンプ発売中

アフリカオオコノハズクのくるるが

LINEスタンプになりました!

☑かわいい♡
☑おもしろい
☑使いやすい

日常生活で大活躍まちがいなし!

「フクロウのくるる」をお迎えしてね☆

今すぐお迎えする

40個セットがたったの50コインとお得です