中型種

フクロウ(ウラルフクロウ)

ウラルフクロウ
ウラルフクロウ
和名 フクロウ
別名:ウラルフクロウ
学名 Strix uralensis
英名 Ural owl
全長 50~62cm
体重 451g~1307g
分布 ノルウェー・シベリア・日本
値段 約45万円
フクロウの特徴

羽色に淡色型・暗色型があるやや大きめの中型~大型のフクロウ。

和名の「フクロウ」は総称のフクロウと紛らわしいため、「ウラルフクロウ」と呼ばれることが多い。

日本全国に野生として生息している。8亜種いるうち、日本にはフクロウ・北海道にエゾフクロウ・本州にモミヤマフクロウ・九州にキュウシュウフクロウの亜種が生息している。

南に住むフクロウの方が羽色が濃く、北の方が淡い羽色の傾向がある。

繁殖個体(インプリント)はペットフクロウとしても流通している。

 

LINEスタンプ配信中!
フクロウのくるるLINEスタンプ発売中

アフリカオオコノハズクのくるるが

LINEスタンプになりました!

☑かわいい♡
☑おもしろい
☑使いやすい

日常生活で大活躍まちがいなし!

「フクロウのくるる」をお迎えしてね☆

今すぐお迎えする

40個セットがたったの50コインとお得です